Resume Our Liberty

奮闘したりしなかったり。

平成30年度秋期「情報処理安全確保支援士試験」に合格しました

こんにちは、ゆーぱぱ(@papa4children)です。

 

平成30年度秋期の情報処理安全確保支援士試験に合格しました。

www.ipa.go.jp

 

例のごとく振り返りを…と思ったのですが、今回は過去受験してきた試験とは少々状況が違うので、まずはその説明から。

 

今までの試験は基本的にいつでも受験できるベンダー資格ということで、自分が納得するまで勉強してから試験に臨むことができました。

しかし、情報処理安全確保支援士試験は日程が予め決まっており、前回記事でも少し触れていますが、今回は学習期間が1ヶ月弱しかなかったため、十分な試験対策が行えませんでした。

 

本来であれば、合格に繋がった学習方法などを紹介したいところですが、自分自身あまり満足な学習ができなかったこともあり、こうすれば合格できると自信を持って言える内容がありません。

ということで今回は、私が情報処理安全確保支援士試験に合格するまでに行った情報セキュリティ関連のトピックを簡単に紹介させていただきます。

 

この記事が、現在合格を目指して勉強中の方々のお役に立てれば幸いです。

 

 

合格時のスペック

普段の仕事

独立系SIerの社員として客先へ常駐し、社内向けWEBシステムの開発を行っています。

前回記事投稿時と同様のため、詳細は割愛します。

 

IT系保有資格

前回記事からの追加分のみ記載しています。

  • CCENT(Cisco Certified Entry Networking Technician)

 

受験の動機

前回前々回と、情報処理安全確保支援士試験の合格を目指していると書きましたが、何故それを目標にしているのかは書いていませんでした。

そもそも情報処理安全確保支援士に興味を持ったのは、近年セキュリティ人材が大幅に不足しているという話を耳にし、業務独占資格ではないもののIT業界初の士業ということもあって、合格したら何かの役に立つかもと考えたのがきっかけです。

 

もちろん、この資格だけでどうにかなるとは思っておらず、実際WEB上でも賛否両論様々な意見がありますが、少なくとも情報セキュリティを体系的に学ぶには良い機会だと思い、合格を目指すことにしました。

 

情報処理安全確保支援士は維持費が高額な割に名前だけの役に立たない資格だという人もいますが、実際に役に立つか立たないかは合格してから自分で判断すればいいかなと思いますし、同僚や後輩との会話の中で
「情報処理安全確保支援士って登録した方がいいのかなー。
一応、合格はしてるんだけどさぁ( ・´ー・`)ドヤァ
と言いたかったのもあります。

 

合格までにやったこと

gaccoのオンライン講義を受講

gaccoとは、JMOOC(日本オープンオンライン教育推進協議会)と連携してドコモgacco社が提供している、大学教授陣による本格的な講義を誰でも無料で受けられるWEBサービスです。

様々な講座が期間限定で行われており、たまたま情報セキュリティ基礎の講座が行われていたので受講しました。

私が受講した講義は、セキュリティで有名な株式会社ラックの社員の方が講師をされており、初心者向けの易しく分かりやすい内容だったので、情報セキュリティを学ぶ取っ掛かりとしては最適でした。

gaccoでは不定期的に過去の講義を再度開講する場合があるので、興味がある方はチェックしてみてください。

lms.gacco.org

 

富士通ラーニングメディアの集合研修に参加

私の所属する会社では、自分が参加したい研修や講義の希望を受け付けており、当選すれば自費負担無しで受講することができます。

たまたま当選した私は、富士通ラーニングメディア社が提供する情報セキュリティ基礎の研修へ参加することができました。

2日間に渡って行われた研修では、座学での講義と受講者同士で実施するグループ演習が行われ、情報セキュリティの基礎を学ぶだけでなく、他社のセキュリティ対策や考え方などを知る良い機会になりました。

富士通ラーニングメディアでは、法人経由だけでなく個人でも研修に参加することができます。

ただ、受講料はなかなか高額なので、個人で申し込むのはあまりお勧めできません。。

www.kcc.knowledgewing.com

 

情報セキュリティ関連の書籍を読む 

試験対策本も含め、情報セキュリティ関連で読んだ本を下記にまとめました。

まずは、IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)の「情報セキュリティ読本」です。

情報セキュリティ全般について広く浅く書かれており、初心者が情報セキュリティ全体をざっと俯瞰するのに丁度良い本だと思います。

情報処理技術者試験を行っているIPAの本ということもあり、情報セキュリティ分野の試験対策の第一歩にも最適です。

 

次は、ちょっと勉強からは離れますが、 ビッグコミックスピリッツで現在も連載中の「王様達のヴァイキング」です。

王様達のヴァイキング(1) (ビッグコミックス)

王様達のヴァイキング(1) (ビッグコミックス)

 

天才ハッカーの主人公とエンジェル投資家が様々なサイバー事件を解決していきながら、その過程で人間としても大きく成長していくというストーリーで、漫画としての面白さだけでなく、ソフトウェアエンジニア数名が技術監修されているということもあり、IT業界に関わる人の目線でも興味深く読むことができます。

試験勉強の息抜きに、人によっては情報セキュリティを学ぶモチベーション維持にもなるかもしれません。

ちなみに、私は当時の最新刊16巻まで全て読みました(笑)

 

最後は、定番中の定番の試験対策本「情報処理教科書 情報処理安全確保支援士」です。

情報処理教科書 情報処理安全確保支援士 2019年版
 

試験対策としては、この本が一番だと思います。

私も試験直前の1ヶ月弱は、この本をずっと読んでいました。

ただ、時間的に1周読むだけで試験日を迎えてしまい、問題集や過去問には一切手を付けていません。

確実な合格を目指すのであれば、試験日の遅くとも2~3ヶ月前くらいから読み始め、試験直前は過去問を繰り返し解き、情報セキュリティの最新動向をWEBメディアや新聞・雑誌等で抑えておけば間違いないと思います。

 

受験後の感想

不完全な状態で受験したこともあり、正直言って合格できるとは思っていませんでした。

IPAから出ている解答例を見ても、午前問題は合格ラインを超えているものの、午後問題はかなりギリギリところで、配点や部分点に救われたところがあると思います。

この結果から言えることは、ありきたりかもしれませんが、最後まで諦めずに解答欄を出来る限り全て埋めたのが功を奏したということに尽きます。

 

午後問題は情報セキュリティに関する知識だけでなく、問題文をしっかり読んで理解する読解力と、解答を適切な文章にして表現する文章力が必要とされ、国語が苦手な人はちょっと苦戦することになるかもしれません。

逆に言えば、情報セキュリティにあまり詳しくなくても、国語力があれば午後問題を突破できる可能性があり、私のように業務として情報セキュリティに直接携わっていない人にも十分に合格するチャンスがある試験だと思いました。

 

今後について

試験に合格しても、実際に情報処理安全確保支援士になるには、登録申請を行う必要があります。

合格証書が手元に届くのが2019年1月中旬頃とのことなので、合格証書が届くまでには登録申請を行うかどうか決める予定です。

 

これからも引続き新しい資格試験に挑戦していきますが、本業のWEBエンジニアとしての勉強が若干疎かになっていたところがあるので、しばらくは実務的な技術の習得をメインにしていきます。

 

現在私は中堅の独立系SIer企業で働いていますが、近い将来WEB系企業への転職を目指しており、モダンなWEB開発の技術習得とメジャーな言語によるサーバサイド開発の技術習得を目下の目標としています。

 

具体的に今一番勉強したいことはNode.jsによるサーバサイド開発についてと、npmやwebpackなどを利用したフロントエンド周りの開発環境構築についてです。 

Node.jsの学習方法についても、ある程度基礎を習得することができたら、また当ブログでお伝えしたいと思います。

 

それでは、今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

王様達のヴァイキング(1) (ビッグコミックス)

王様達のヴァイキング(1) (ビッグコミックス)

 
情報処理教科書 情報処理安全確保支援士 2019年版